防災グッズの置き場所は一軒家だとどこ?安心・効率的な収納をご紹介!

お得情報
スポンサーリンク

今回は、大きな災害に備えた一軒家の防災グッズの置き場所を考えていきたいと思います。

あなたはもし今日災害が起きたら何を持ち出しますか?

あなたの家には防災グッズがありますか?中には何が入っていますか?

その防災グッズはどこに置いてありますか?

地震など大きな災害が来るかもしれないと思っていても、あらゆる想定をして常に防災グッズを備えて置くことは難しいですよね。

特に家が一軒家の方は広い家のどこに防災グッズを置いておくべきか迷ってしまいます。

一軒家の場合にはいつ災害が起きても対応できるように、防災グッズの置き場所を分散することが大切です。

しかし、震災が本当に起きた時に「備えておいて良かった」と思えるように、これを機に家族で防災グッズの置き場所を家族と共に見直してみましょう。

 

 

防災グッズの置き場所、一軒家に理想的なのはどこ?

一軒家で防災グッズを置いておく場所は、分散しておきましょう!

一軒家の場合、日頃はリビングで生活している。寝室は2階など別の階で寝ている。お子さんが大きくなってくると、子供は各自の部屋で過ごしている。

など一日の中で時間によって生活するスペースが離れている事が多いと思います。

分散しておくメリット、実際にどこに置くかをご紹介します。

 

防災グッズを分散するメリット

防災グッズを分散させておく事には、以下のような3つのメリットがあります。

1,置き場所を分散する事で、リスクを分散すことが出来る。

2,家族のそれぞれが近くに防災グッズを置き、持ち出すことが出来ます。

3,大きな収納スペースを確保しなくてよい

リスクを分散させるのは、とても大事ですね。防災グッズを用意した人以外の家族にも置き場所を伝えて把握してもらうことも大切ですよ!

 

どこにどんなものを置くか

分散して防災グッズの置き場所を考える際、どこにどのような物を置いたら良いのでしょうか?

<玄関付近>

地震や火災があった際、逃げ出す時に通る、また災害が少し落ち着いた時に取り出しやすい玄関付近にメインの防災グッズを置きましょう。

絶対に持ち出したいもの、必要な物をいざという時に持ち出しやすいようにまとめておきたいですね。

<キッチン>

キッチンには日常的に食料品を備蓄していますよね。その中に缶詰や簡単に食べられる食料品を常備しましょう。

それらの食品は日頃から食べ慣れておくことで、災害の時にも子供たちが食べられない心配も無くなります。また、賞味期限の見直しも最小限におさえることができます。

キッチンは、災害後に家に戻って数日間過ごせるような食料や水、ガスコンロなど持ち出さなくても良い防災グッズの置き場所に適しています。

<外倉庫や車>

もしも自宅が倒壊した際などを想定し、外回りや車も防災グッズの置き場所として適しています。

特に外倉庫には大きなペットボトルやトイレットペーパーなど期限が長く、家の中にはスペースが取りにくいものを置いておくのが良いです。

<寝室>

寝室には寝ているときに災害が起きた時を想定して、家族一人一人が持ち出せる物を備えましょう。

一軒家の場合、寝室から玄関が遠い事も多く、ベランダや窓から脱出するかもしれません。

特に防寒などの着替え類や、靴など着の身着のままで逃げ出す事をしましょう。また、両手を使えるようリュックサックに詰めて枕元などすぐに取り出せる場所が良いと思います。

 

 

防災グッズの置き場所別、必要アイテムとは?

大規模な震災が起きた時、約1週間程度過ごせる備蓄があると良いとされています。

上記ではどこにどんな防災グッズを置いたら良いかお伝えしましたが、ここでは実際に備えるべき必要アイテムを考えていきたいと思います。

 

『持ち出し用防災グッズ』

<置き場所>・・・玄関、リビング、寝室など

寝室には個人が持ち出せるリュックサック、リビングには家族みんなで持ち出せるように少し大きめの鞄を用意しましょう。

  1. 保存水 
  2. 非常食
  3. アルミブランケット
  4. 簡易トイレ
  5. 救急セット
  6. ポータブル充電器
  7. 懐中電灯
  8. 着替え、靴
  9. 手袋
  10. 大きめの布
  11. 常備薬、鎮痛剤

これらは命を守るための最低限の必要アイテムです!あれもこれもと詰めてしまうと、荷物が重たく非難を妨げる事になります。

その他にも女性や子供などそれぞれに必要な防災グッズがあると思いますので、持ち出し用には震災後すぐに1~2日程度身の安全を確保出来る必要アイテムを考えてみましょう。

 

『備蓄』

<置き場所>・・・キッチン、押し入れ、外倉庫など

  1. 飲料水
  2. 非常食
  3. トイレットペーパー
  4. ゴミ袋
  5. マッチ
  6. モバイルバッテリー(発電出来るものが良い)
  7. 紙食器、ラップ
  8. 懐中電灯(人数分)
  9. 乾電池
  10. ティッシュペーパー、ウェットティッシュ
  11. カセットコンロ
  12. 新聞紙       など

家族の人数や構成によって必要アイテムの中身や量は大きく違ってきますので、ご自身のご家庭にあった備蓄を用意しておきましょう。

外出時も防災の備えを!おすすめの防災ポーチの作り方はこちらから!

防災グッズを女性が持ち歩きするには?!オリジナルポーチを作ってみた
通勤中、子供とお出かけ中、いつ災害に巻き込まれるかは誰にもわかりません。もしもに備えて防災グッズを詰めた防災ポーチを作ってみませんか。 実際のシチュエーションを想定して防災ポーチを作ってみました。他にも必要なものリストを記載しています!

 

 

防災グッズの置き場所に困らない効率的な収納方法

持ち出し用、備蓄どんなに最低限に抑えようと思っても、いざというときに困らない為に必要な防災グッズを揃えると大きな荷物になってしまいます。

一軒家の場合、その大きな防災グッズの置き場所は確保しやすいように思います。しかし、しっかりと収納方法を考えないといざという時にどこにあったか忘れてしまう、取り出せなくなってしまう事もあります。

防災グッズは日常的に使う物ではないけれど、とても大切な存在である為、日常生活に馴染むように効率的に収納したいですよね。

それを実現する一つが『ローリングストック』という方法です。

ローリングストック法とは、購入→備蓄→消費→購入というふうに日々の生活の中で備蓄品を循環していく方法です。

日頃よく食べている物を少し多めにストックしておき、食べた分を補充する。

食べ物だけでなくトイレットペーパーやウェットティッシュなど日用品も同じように循環して、使用しながら防災グッズとしても備えておく事ができます。

 

ローリングストック法のメリット

  1. 食べ慣れている食べ物で、災害時の安心につながる
  2. 賞味期限がやや短い食べ物でも非常食になる
  3. 防災グッズを見直す、認識する機会を多く持てる
  4. 防災グッズの置き場所を忘れることが無い

 

ローリングストック法のデメリット

  1. 使用する前、使用したらすぐに購入する必要がある
  2. 収納する場所が常に一定になるよう意識する必要がある

 

防災グッズの置き場所にどうしても困った時は車の中もおススメ!

家の中に効率よく収納しても、もしもに備えてそろえて置きたい防災グッズは多くなってしまいますよね。

そこで、防災グッズの置き場所として便利なもう一つの場所が車の中です。

 

車の中に防災グッズを置くメリット

  1. 災害時に持ち出し用のみで車で移動し、避難場所としても利用できる
  2. 家の中に入れなくなった際でも取り出しやすい
  3. 車で出かけている時の災害に対応できる
  4. 交通事故や車のトラブルの際にも活用できる

 

車の中に防災グッズを置く際に気を付けること

  1. 車の中は高温になりやすいため食品が傷みやすい
  2. アルコールやガスなどの危険な物は入れない
  3. 飲料水など重たくなり過ぎると燃費が悪くなる
  4. 鍵がないと開けない

 

災害が起きた時に、車は避難の手段として使えるだけでなく避難した先でのプライベート空間を作るという大きなメリットがあります。

防災グッズを備える上で、置き場所を分散する事は大切です。

置き場所だけでなく、リスクの分散も視野に入れておくと、いざ災害が起きた時に選択肢が広がります。

 

まとめ

  • 一軒家の防災グッズの置き場所は分散しておく
  • 一軒家で持ち出し用の置き場所は、すぐに持って避難できるよう玄関や寝室に
  • 備蓄の置き場所は、キッチンや押し入れ、外周りなど分散してリスクも分散
  • 持ち出し用は1~2日程度、備蓄は1週間程度過ごすことを目安に
  • ローリングストック法で効率的に、防災グッズを日常生活に馴染ませる

防災グッズは備えておきたいけど、意識を向ける機会が少ないですよね。

一軒家の場合は色々な場所に分散することが大切です。無理なく、無駄なくあなたの生活の一部としての置き方や置き場所を確保しておきたいですね。

緊急時は一人一人が自分の身を守ることが一番大切です。

小さな子供でもしっかりと家族のメンバーの一員として、置き場所や中身の確認を一緒に行うと良いですね。

これらを参考にしながら、あなたの家庭にあった防災グッズを見直してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました