ホワイトデーのお返しがないのは脈なしと考える!?男性の心理とは?

お得情報
スポンサーリンク

バレンタインデーを頑張った女性は特に、ホワイトデーが近づくとドキドキワクワクしますよね。

そんな女性の気持ちを知らず、ホワイトデーにお返しをしない男性は多いようです。特に、付き合っていない男性からのお返しなしは、残念ながら脈なしと考えていいでしょう。

といっても、男性の心理はいろいろあります。単に忘れているだけの人、めんどくさくてお返ししない人、真剣に考えてお返ししなかった人。

そもそもあなたのバレンタインデーは本命かどうか相手に伝わっているのでしょうか?

男性の心理は様々です。また、彼氏、夫からのホワイトデーのお返しなしはどういった心理があるのでしょうか。

お返しの品で本命かどうか見極められるか、お返しにもそれぞれ意味があるのでそちらもご紹介していきます!

 

 

ホワイトデーのお返しがないのは本当に脈なし?

彼氏や夫、もうすでに関係ができている相手からのホワイトデーのお返しなしと、まだお付き合いしていない本命の相手からのお返しなしは、すこし意味が違ってきます。

しかし、付き合っていない男性からのお返しがないのは脈なしの確立が高いです。

どうして?忘れているだけの可能性もあるよね!

やっぱり男性も、交際していない意中の女性からバレンタインデーをもらうと、嬉しいですよね。ホワイトデーお返ししなくちゃ!と考えるはずです。

忘れるということは、それだけ考えていないということ。まじめな方でも、その気持ちには答えられないと思うとホワイトデーは返せないですよね。

でも確率が高いだけで、絶対とはかぎりません。ホワイトデーのお返しなしは本当に脈なしなのか男性の心理を考えてみましょう。

 

ホワイトデーにお返しをしない男性の心理とは

お返しがなかったら脈なしというお話をしましたが、100%脈がないと諦めるのは早いかもしれません。なぜならお返しをしない男性の心理はたくさんあるからです。

<忘れている>
バレンタインデーからホワイトデーまで1か月。その間に忘れてしまう男性は少なくないようです。

実際私の夫もホワイトデーを覚えていません。仕事場で同僚にもらったことも忘れて、夫のホワイトデーを私が買いに行く始末です。

交際していない彼からのホワイトデーなしも、忘れてしまっている可能性はあります。

交際している、結婚している彼がホワイトデーを忘れるタイプなら、「私ホワイトデーこれが欲しい」「忘れないでよ」とホワイトデーが近くなったら直接言ってあげるといいかもしれません。

交際していない相手が忘れている場合は、何も言わず諦めるか、勇気を振り絞って直接確認するのもありかもしれません。

<単にケチ、めんどくさがり屋>
単にお金がないから無理!めんどくさい!と思ってお返しをしない人です。ですので脈ありの可能性もあります。

しかし、ホワイトデーのお返しもケチるくらいなら、もし付き合えたとしても、この先困ることが多いかもしれませんね。

交際している彼女にもそんな態度の彼は、自分はしたくないけど相手には何かしてほしいという考えの男性かもしれません。

どちらにせよ、相手に対して喜んでもらいたい!何か与えたい!という考えをもっていない相手は諦めた方がいいかもしれませんね。

<何を返せばいいかわからない>
お返ししたい気持ちはあるんだけど、何をお返ししたらいいのか分からない。だからそのまま返さなかったという人もいるようです。

その場合、考えすぎた結果、お返しをしなかったとなりますので、まったくの脈なしではないです。ましてや、何を返したらいいのかわからないと直接言ってくる彼は脈ありの可能性が高いです。

そんな彼には、優しく何がほしいか伝えてみてもいいと思います。なんでも彼女に決めてほしいという男性も少なくはありません。

<恥ずかしい>
同僚にばれるのが嫌。友達にばれるのが嫌。といった理由でお返しをしない男性。こちらも恥ずかしいという理由なら、全くの脈なしではないのかもしれません。

ただ、男性グループでも一人だけ彼女ができるとか、周りと違うことになるのを避けたい男性もいるようです。男性だから自分の意思がはっきりしていてサバサバしているとは決して限りません。

そこは男女関係なく周りを気にすることってありますよね。恥ずかしいという理由で本命の相手にお返しができないのは、ちょっと頑張ってよと思ってしまいそうですが、彼の気持ちを考えてあげるのも大事なことです。

 

男性と女性の価値観の違い

そもそも、男性の中でホワイトデーを重視している人は少ないです。女性は、喜んでほしいという一心で相手が告白したい相手でも、もう交際している相手でも関係なく頑張る人が多いです。

実際、私もお菓子作りなんて超苦手なのにバレンタインデーはめちゃくちゃ頑張るタイプでした。

今では娘と一緒にバレンタインデーを作りますが、夫はバレンタインデーすら、当日娘から渡されるまで完全にバレンタインデーということを忘れていました。

でもだからといって、「忘れている=愛がない」わけではないのが男性です。でも女性は忘れられていると「愛されていないの?」と思いがち。

バレンタインデーだけでなく、恋愛観、仕事、問題への向き合い方、色々なことで男性と女性の価値観の違いを感じることはたくさんあります。

この価値観の違いを理解していれば、少し考え方が変わっていいように物事を見られるようになりますね。

 

バレンタインデーの時の反応は?

本命の相手にバレンタインデーを渡したとき、自分の気持ちを書いたメッセージカード、もしくは直接話して想いを伝えましたか?返事が欲しいと伝えていますか?

何もせず、ただバレンタインデーを渡しただけなら義理チョコだと思われている可能性があります。何事も言葉にしないと相手に伝わりません。

ただ、バレンタインデーを何も言わず渡した場合でも、彼の反応である程度脈ありか脈なしかわかるかもしれません。

例えば、

嬉しい!!ありがとう!!必ずお返しするね!

「ありがとう」は誰でも言えます。ですが、このように、お礼よりも先に嬉しいという言葉が出る、あからさまに喜んでいる反応であれば脈ありの可能性大です。やっぱり好意のある女性からもらえるのは男性も嬉しいです。

また、渡したときは反応悪かったけどそのあとラインで「ありがとう。嬉しかった」といわれるパターンも。周りの目があったり、直接言うのが恥ずかしかったりといった照れ屋さんな男性も多いです。

この場合もわざわざ後から連絡するくらいですから、脈ありと言ってもいいでしょう。

逆に、「ありがとう」だけで連絡もなし。ホワイトデーのお返しもなしであれば、残念ですが脈なしの可能性大です。

 

このように、男性の心理も様々ですし、そもそも男性と女性の価値観の違いは大きいです。自分の考えだけで決めつけず、こういったものを参考にして、脈なしかどうか判断してもいいでしょう。

 

 

ホワイトデーのお返しで本命かどうか見極められる!?

ホワイトデーのお返しをもらえても、それが本命なのかどうか気になるところです。値段や他の子と一緒かどうかで本命かどうかある程度見極めることが出来ます。

バレンタインデーで女性が本命と義理で分けるように、男性もホワイトデーで本命である女性とそうでない女性とでお返しを分けることがあります。ホワイトデーにもらったお返しの品で、見極めるポイントをご紹介します!

 

値段はどのくらいのものか

愛はお金ではかるものではありませんが、やはり値段である程度の目安になります。本命相手に贈るものなら、それなりに良いものをお返ししたいと考えます。

逆に義理であれば、なるべく安く済ませたいと思うのが本音です。もちろん、お返しにどのくらいお金をかけるかはその人の経済力や立場によって変わってきます。

また、「お返しは倍返しせねば」と思っている男性も少なくありません。そうなると見極めるのが難しくなりますが、あくまでもポイントとして参考にしてみましょう。

 

自分とほかの子と同じものかどうか

女性のバレンタインデーと同じで、特別な人にはほかの人とは違うものを贈りたいと思う男性も多いです。あなたは特別だと相手にわかってもらうためにも、本命の相手には違うものを贈るでしょう。

しかし、少し良いお菓子などでも周りと同じように同じものを渡されるのは本命の可能性は低いです。特別感があるかどうかで見極めてみましょう。

 

お返しに食事に誘われた場合

ホワイトデーのお返しで、モノではなく食事に誘われるパターンもあります。この場合、脈ありと考えていいでしょう。

ホワイトデーを口実に食事に誘い、本命の相手と仲良くなりたい。というのが本音です。本命でなければ、友達以上になる必要はないので義理の相手は誘わない男性が多いです。

また、すでに交際している相手でも何をプレゼントしたらいいかわからないから食事に誘う、デートに誘うこともあります。

ちゃんと感謝の気持ちを相手に伝えたいという彼なりの誠意だと受け取っていいでしょう。

このように、お返しされたものなどで本命かどうか判断できることもありますが、これも人それぞれです。これだけで判断せず、相手の気持ちを直接聞くことも考えてみましょう。

 

 

実はホワイトデーのお返しには意味がある

ホワイトデーのお返しは、意味も何も考えず選ぶ方もいます。ですが、実はホワイトデーのお返しの品には意味があるのです。交際している、していないは特に関係ありません。ホワイトデーでもらう品で、彼の気持ちを探ってみましょう。

 

マシュマロ

マシュマロには「君のこと嫌いなんだよね」という意味があります。マシュマロって、食べると口の中ですぐ溶けてしまいますよね。

そのことから「君のことは早く忘れたい」「君とは長続きしない」という意味に繋がるようです。

 

クッキー

クッキーはホワイトデーのお返しの定番の一つです。クッキーって食べると触感がサクサクしていますよね?

恋人のようなしっとりした関係ではなく、サクサクした関係。つまり友達。そのことから「君とは友達のままでいたい」という意味になります。

なにも知らず受け取れば普通に嬉しいお返しですが、意味を知ってしまうと悲しくなりますね。

 

チョコレート

チョコレート自体に、意味はないのです。ただ、バレンタインデーの定番のお菓子といえば「チョコレートです」

チョコレートをもらって、チョコレートを返したら「あなたの気持ちは僕は受け取れません」という解釈もされるので、チョコレートもNGとされることがあります。

ただ、最初に言った通りチョコレートは特に意味がないので、受け取る側の解釈でいいのではないでしょうか。

 

マカロン

マカロンは、近年では一般的に販売されているものになりましたが、少し前まではお菓子屋さんで買う高級なお菓子として人気がありました。

そんなこともあり、マカロンは「君は私にとって特別な存在です」という意味になります。マカロン=特別というイメージがあるみたいです。

マカロンの意味を知ってホワイトデーにくれたなら、二人の明るい未来が待っているかもしれません。

 

キャンディー

キャンディーは、食べると口の中でなかなか溶けず、甘い味が続きます。そのことから「君とは甘い時間を長く続けたい」という意味がありまます。

いわゆる告白と同じ意味です。「君のことが好きだ」と同じ意味になります。付き合っていない彼からもらえれば、これから交際へ発展していく可能性がありますね。

付き合っている、結婚している彼からでも嬉しいお返しですね。改めて「好きだよ」といわれると、誰でも嬉しいものです。お互いの気持ちを確認しあえていいですよね。

 

このように贈られたお菓子にも意味があります。しかし、意味は考えずお返しを贈る男性も多いです。意味が分かっているのかどうか探りを入れてみるのもありですね。

 

 

まとめ

  • ホワイトデーのお返しなしは本当に脈なし?
  • ホワイトデーのお返しで本命かどうか見極められる!?
  • 実はホワイトデーのお返しには意味がある

ホワイトデーのお返しなしは本当に脈なしなのか、お返しがあったとしても果たして本命なのかどうか、どうしても聞くのが恥ずかしいと思う方はこういった方法で相手の気持ちを探るのもいいでしょう。

しかし、一番は自分の気持ちを伝えること、相手の気持ちを直接聞くことです。これが一番の近道です。自分の考えだけで決めつけず、相手のことを考えるのも大切なことです。

ホワイトデーにあげるものとその意味は⁉︎お返しオススメ6選
ホワイトデーのお返しにそれぞれ意味があることをご存知ですか。それぞれの意味や、おすすめのお返しを6つご紹介していきます。
タイトルとURLをコピーしました