絶対に喜ばれる内祝いギフトはゴディバに決まり!

お得情報
スポンサーリンク

結婚や出産など嬉しい行事の時に、友人や知人からのお祝いは本当に嬉しいですよね。そんなお祝いをしてくれた方々に感謝の気持ちを込めて、失礼のないように内祝いのギフトを贈りたいですよね。しかし、

内祝いっていつ贈るの?

何を贈ったらいいの?どんなものを贈ったら喜んでもらえるの?

そんな迷った時には『ゴディバ』に決まりです!

はじめて贈るときには、いろいろと迷ってしまいますよね。今回はどんな相手にも、どんな季節にも適した内祝いをご紹介します。

『ゴディバ』ってあのチョコレートの?内祝いのギフトに適しているの?実は、『ゴディバ』は上司や目上の方から、友人や仲の良い身内までどんな相手にも適した最強のギフトなのです!

また、内祝いを贈る際のマナーや選び方もご紹介しているので参考にしてみてください。

内祝いに『ゴディバ』のギフトが最適な理由

内祝いにはタオルや洗剤など定番なアイテムもあります。贈った相手が好みのアイテムを選べるカタログギフトなどもありますが、今回私が『ゴディバ』を強くおすすめする理由はこれです!

  1. もらって嬉しい内祝いアイテムの上位は消耗品が多数
  2. 洗剤などは香りや添加物など好みが別れる
  3. お菓子は来客時や自分へのご褒美おやつとしても嬉しい
  4. 『ゴディバ』は小さなギフトでもラッピングのセンスがよく、高級感がある!
  5. 季節限定のギフトは特別感があり、お祝い事の季節を覚えてもらえる

せっかく、感謝の気持ちを伝えるアイテムだからこそ、絶対に喜んでもらえる贈り物をしたいですよね。

実際に私が嬉しかったのは、結婚の内祝いを贈った3年後に当時の上司から「春のイチゴのお菓子を見るとあなたの結婚式が春だった事を思い出すわ。」と言って頂きました。

相手にも、また贈った自分自身にも素敵な思い出が残るギフトを贈りたいですね。

 

 

おすすめ!内祝いとして喜ばれるおしゃれギフト「ゴディバ」のBox3選!!

ゴディバはチョコレートで有名なので知っている方はたくさんいると思います。

ここでは、内祝いに適した私がおすすめするギフトBoxを選びました。

内祝いに適した選び方として、「日持ちするか」「ちょっとおしゃれで特別感があるか」「少しずつ食べる、若しくは誰かと分けて食べられるか」という視点で選んでみました。

 

サブレショコラ カカオ%アソートメント

サクッとしたサブレで、なめらかなチョコレートガナッシュがサンドされています。

30%ミルクチョコレート、50%ミルクチョコレート、72%ダークチョコレートとそれぞれのチョコレートの美味しさを詰め合わせているところは、さすがチョコレートの老舗ゴディバならではですね!

 

クッキーアソートメント

軽いラングドシャ生地にチョコレートをサンドしたクッキー。

8枚入りの小さなBoxから55枚入りの大きなBoxまであり、職場の皆さんでも分けやすい個包装になっているのも嬉しいアイテムです。

個人へのプレゼントとしてはもちろん、職場など大勢へのギフトとして持って行くと、おしゃれで気づかいのあるお菓子として喜ばれます。

 

アイスギフトセット

ゴディバのアイスクリームその響きだけでもおしゃれで特別感がありますよね!

暑い夏に持っていくのは難しいですが、個人的にとてもおすすめなのはこちら。

自分ではなかなか買わない、特別感がありますよね。夏はもちろん、冬にもあったかい部屋でいただく濃厚なチョコレートアイスは、内祝いとして喜んでもらえること間違いなしです!

 

 

内祝いのギフトに必要なマナー!絶対に知っておきたい事

 せっかく感謝の気持ちを込めて『内祝い』を贈るのですから、相手に快く受け取ってもらうためにも、贈る前にマナーを確認しておきましょう。

 

『内祝い』とは?

結婚や出産などおめでたい事があった際に、その喜びを周囲の方にお裾分けするという意味があります。最近では、お祝いを頂いた時にそのお返しとして『内祝い』のギフトを贈る習慣があります。

 

いつ贈るべき?

特に内祝いを贈る日に決まりなどはありませんが、あまりにも遅くなってしまうよりは1ヵ月から遅くても2ヵ月以内に贈りましょう。

もし直接お渡ししにいけるタイミングなどがあれば暦の吉日を選ぶと良いマナーかもしれませんね。

 

いくらくらいのものを贈るのがよい?

一般的にはいただいたお祝いの3分の1から半額が目安とされています。少なすぎても失礼なのはもちろんの事、頂いた金額に対して高額過ぎるギフトは返って失礼になってしまいます。

せっかくの気持ちが、返ってマナーと反してしまうため気をつけましょう。

友人などグループから頂いた場合も、金額を人数で割った半額程度のギフトをそれぞれに贈ると良いです。

また、上司の方や職場の大勢から頂いた場合にはみんなで分けられるよう個包装のギフトを選ぶのもセンスが光りますね!

 

これはダメ!やってはいけないNGなこと

縁起の悪いとされている物、例えば刃物など縁を「切る」を連想させてしまうものなどは絶対に避けましょう。

挨拶などお礼や熨斗(のし)などをつけずに贈ってしまう事も失礼になってしまうので、お会いできる時には感謝の気持ちを伝え、直接お会い出来ない際には手紙をつけると喜んでもらえるのではないでしょうか?

 

 

まとめ

ゴディバは多くのアイテムが熨斗に対応しているので注文の際に一言添えるだけで熨斗をつけてもらえます。

  • ゴディバの内祝いはどんな相手にも喜ばれる
  • 内祝いのあらゆる予算に対応
  • ラッピングのセンスが良く高級感がある

ゴディバは内祝いのギフトとして最強!

お祝いしてくれたあなたの周りの方々にも幸せな気持ちになってもらえるような、あなたらしいギフトを贈りましょう。

そして、せっかくなので結婚準備や出産を頑張ったあなた自身にも、ご褒美として『ゴディバ』のギフトを一つ贈ってみてはいかがでしょうか?

この記事で、あなたのお祝いごとをさらに素敵な思い出にする、ぴったりなギフトが見つかりますように。

タイトルとURLをコピーしました